辻村真貴 (Maki Tsujimura)

 English version

所属・職

国立大学法人 筑波大学

生命環境系 教授

学長補佐

大学院生命環境科学研究科 持続環境学専攻 専攻長

 

専門 水文科学、水環境学(地下水資源,水文地質学,流域水循環,トレーサー水文学,斜面水文学)

 

担当

大学院:生命環境科学研究科 

環境科学専攻(博士課程前期)・持続環境学専攻(博士課程後期):専任

地球科学専攻(博士課程前期)・地球環境科学専攻(博士課程後期):兼任

学類:生命環境学群地球学類(旧・第一学群自然学類地球科学専攻)

センター:北アフリカ研究センター 研究員教員・共同研究員

 

定時予定(秋学期)

        13:4517:00:水文科学実験(不定期)

        12:1013:00:水分野会議

            16:4518:00:研究室ゼミ

        10:1512:00:人事委員会(第2水曜)

            13:3015:00:運営委員会(第2水曜)

            12:0013:30:環境科学・持続環境学専攻教授会(第3水曜)

            14:00         :環境科学・持続環境学専攻教育会議(第3水曜)

        12:1515:00:水環境学序論

            16:4518:00:合同ゼミ

 

 

研究テーマ

*  水の出身地(起源)、年齢(滞留時間・年代)、経歴(循環経路)といった「履歴」を明らかにする。そのため、同位体やCFCs(フロン)、SF66フッ化硫黄)等の「トレーサー情報」を用いる。

*  CFCsSF6を用いた地下水涵養年代(滞留時間)推定に関する研究(()地球科学研究所サントリーグローバルイノベーションセンター 水科学研究所との共同研究プロジェクト)

*  前処理・分析スキームの確立

*  我が国における大気からのCFCsインプット空間分布に関する研究

*  日本全国の湧水における滞留時間マッピング

*  日本各地の湧水における集水域貯留量の推定

*  福島第一原子力発電所事故に伴う放射性同位元素の水系への移行過程

*  山地源流域の土壌水、地下水、湧水、渓流水等、水循環過程に伴う放射性同位元素の挙動モニタリング

*  地下水流動系と地表水の関係および地下水・地表水統合型ガバナンスのあり方(福井県大野市、茨城県神栖市)

*  山地源流域の森林間伐が降雨流出過程に及ぼす影響に関する研究

*  レーサーを用いた流出成分の分離

*  降雨流出過程にともなう地中水の挙動と同位体変動過程の関係

*  地中水の挙動と地形変化プロセスの関係

*  チュニジアの半乾燥域における水資源・水環境の研究

*  沿岸域流域の地下水流動プロセスと塩水進入

*  内陸部流域における地下水・地表水の交流関係

*  チュニジア全土における地表水の安定同位体マッピング

*  中国華北平原、白洋淀湖流域における地下水流動、地表水―地下水相互作用の研究

*  地表水・地下水の交流関係

*  浅層地下水・深層地下水の交流関係

*  汚染物質の深層地下水への混入メカニズム

*  水循環過程に伴う安定同位体比変動過程に関する研究

*  土壌水中の安定同位体比変動メカニズム

*  蒸発・蒸散に伴う安定同位体比変動メカニズム

*  降水の安定同位体比形成プロセスに関する基礎研究

*  筑波山における湧水の滞留時間と流動経路について

*  モンゴル・ウランバートル近郊における地下水資源の評価(モンゴルにおける地下水の持続可能な管理に関するUNESCO-Chairプログラム)

*  同位体・CFCsトレーサーを用いた地下水の起源,年代,涵養プロセスの検討

*  地下水と地表水の交流関係に関する研究

*  中国黒河流域の水循環機構

*  ベトナム・メコンデルタ地域における地下水と地表水の循環プロセス

*  都市の地下環境に残る人間活動の影響(文部科学省総合地球環境学研究所プロジェクト)

*  CFCによる地下水涵養年代推定手法の確立

*  バンコクにおける地下水涵養年代の推定

研究室紹介 スマートシティ・ジャーナルでの研究紹介記事

研究費獲得状況

研究論文リスト ResearchGate

最近の予定

最近の活動 (Twitter) (FB)

2008年以前の活動

連絡先

305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 理科系棟B 202 (専攻長室) / 総合研究棟A 301

筑波大学生命環境系(持続環境学専攻)

Tel: 029-853-6604 / 2568

E-mail: mktsuji [at] geoenv.tsukuba.ac.jp

 

略歴

19658     東京都生まれ

19813     東京都杉並区立和田中学校 卒業

19843     東京都立日比谷高等学校 卒業

19844月  筑波大学第一学群自然学類 入学

19883     筑波大学第一学群自然学類地球科学専攻 卒業

19884     筑波大学大学院博士課程地球科学研究科地理学・水文学専攻 入学

19933     筑波大学大学院博士課程地球科学研究科地理学・水文学専攻 単位取得退学

19934     筑波大学地球科学系(環境科学研究科) 準研究員(文部技官)

19954     愛知教育大学総合科学課程地球環境科学領域 助手

19981     愛知教育大学総合科学課程地球環境科学領域 助教授

19994     京都大学防災研究所 非常勤講師(〜2001年度)(併任)

199912   筑波大学地球科学系 講師

20023     アメリカ合衆国地質調査所水質部門客員研究員(〜20025月;文部科学省短期在外研究員)

20044     国立大学法人筑波大学大学院生命環境科学研究科 講師

20077     国立大学法人筑波大学大学院生命環境科学研究科 准教授

20087     内閣府 政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付 参事官(横断的事項担当)付 政策調査員(併任)

200912   内閣府 政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付 参事官(横断的事項担当)付 政策調査員(併任)辞職

201110   筑波大学 生命環境系 准教授

20124     筑波大学 生命環境系 教授

20134     筑波大学 大学院生命環境科学研究科 持続環境学専攻 専攻長

20154     筑波大学 学長補佐

20154     筑波大学 大学院生命環境科学研究科 持続環境学専攻 専攻長(再任)

 

 

学位

博士(理学):筑波大学(19943) 

 

受賞

20088   水文・水資源学会論文賞

20075   日本地下水学会功労賞

 

所属学会・委員など

*        水文・水資源学会国際誌編集委員会副委員長:20066月〜

*        日本地理学会(企画専門委員:20064月〜20103月)

*        日本地下水学会(編集委員:19994月〜20093月)

*        日本水文科学会(企画委員会委員長:20106月〜)

*        日本地形学連合

*        American Geophysical Union

*        International Association of Hydrological Sciences (Vice President of International Commission of Tracer: 20117月〜)

*        日本学術会議 地球惑星科学委員会 国際測地学・地球物理学連合 (IUGG) 分科会 国際水文科学会 (IAHS) 小委員会委員(201111月〜)

*        日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会調査委員(20124月〜)

*        独立行政法人水資源機構思川開発建設所 思川開発事業地下水モニタリング委員会委員(20024月〜)

*        茨城県地下水利用審査会委員(20121月〜)

 

水循環・水環境研究室のホームページへ

 

最終更新日 : 2015817